バルセロナのナイトライフ〜深夜の移動

タクシー!

タクシー!!


タクシー!!!


タクシー。

深夜〜早朝に移動する際には、基本的にタクシーを利用しましょう。

バルセロナに住んでいる人や長居している人は、夜遅くでも平気で徒歩で帰ったりしますが、旅行者の方なら、基本はタクシーで移動するようにした方がよいかと思います。
安全か危険か、なんていうしょうもない二元論で語る前に、言葉が分からない国で、暗くて人通りが少ない時間帯に出歩く、ってのは、普通に考えて避けたくないですか?
実際、旧市街なんかだと、夜中に面倒くさい人々に遭遇してしまったりするので、タクシーで移動されるのが、最も合理的だと思います。

タクシーは、24時間365日走っています。
平日の午前3時〜6時くらいは台数が減りますが、それでも、大通りで待っていれば、必ずそのうちやってきます。
深夜料金も、日本ほどの割り増しはなく、初乗りも150円くらいなので、学生の方でも気軽に利用してみましょう。

余談ですが、「深夜にフラメンコを見に行くのですが、タクシー代がもったいないので、歩いて往復したいんですけど、大丈夫ですか?」という類の質問をよく頂きます。これって、大丈夫とかそういう問題以前に、

極東から、遠路はるばるバルセロナまで行ける余裕がありながら、「タクシーを利用するお金がない」なんて言うのはどうかと思います。

もし、「不本意にも」タクシーを使うことになってしまったなら、日本に帰ってから、一度だけ、外食をイタメシからマクドナルドに変えて下さい。


メトロ

上のような「基本的常識」を踏まえて、一応書いておきます。

平日は午後11時くらいまで、週末は午前2時くらいまで動いています。特別なイベントのある日などは、朝まで運転していることも少なくありません。

よって、週末の深夜などは、メトロを使って街中を移動することも可能です。

ですが、駅の中/列車の中、どちらも昼間に比べて利用客が激減しますので、女性の方だけで使うのは絶対お勧めしません。

ちなみに、その日のメトロの運転終了時刻は、メトロの駅と車内で、大音量で何度もアナウンスされるのですが、100%スペイン語とカタラン語のみです。そこまでアピールしたいのなら、10回に1度程度でも、英語でも放送してほしいものです。


ナイトバス

上のような「基本的常識」を踏まえて、さらに高等テクニックを書いておきます。

バルセロナには、一丁前にロンドンのような「ナイトバス」が走っています。
このバスは、バルセロナの中心部(カタルーニャ広場〜大学広場)を拠点に、市内の各地へ細かくネットワークしています。これを使うと、深夜であれ早朝であれ、市内のあらゆるところに移動することが出来ます。

バルセロナに長期滞在していたり、どうしても安く移動せねばならなかったりする場合は、この「ナイトバス」を利用すればいいでしょう。週末などは、利用客もとても多いので、それほど治安の面では心配要りません。

が、降りるべきバス停を乗り過ごしてしまったりしたら、それこそ目も当てられない事態になるので、短期旅行者の方は、やはり、普通はタクシーを使われた方がいいかと思います。

ナイトバスについての詳しい情報は、「市内の交通機関>市バス」のコーナーをご覧下さい。


↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓



トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.