ショッピング〜ブランド物

「ブランド物」というコーナーは一応作ってはみましたが、シトラスにとって「ブランドのショップ」とは「西アフリカ諸国」や「コンピュータ言語」くらい縁のないものなので、サラッと流させてもらいます。

第一バルセロナってヨーロッパの中でも田舎町なので、「ブランド品買いたいんです私!」って方は、バルセロナの北800キロくらいのところにパリという大きな町がありますので、そちらへ向かわれた方がよいかと思います。

LOEWE(ロエベ)
公式サイト

スペインを代表する革製品のブランドです。さすがスペインを代表するだけあって、スペインという国を表すかのような、非常にドン臭いデザインが特徴的です。

製品の質は非常によいのですが、肝心のデザインが冴えないので、イマイチ日本人には人気はありませんし、今後も村上隆を起用するくらいの革命的変化が起こらない限り、人気が出ることはないような気がします。

お店は、グラシア通り沿いカサ・リェオ・モレラの地上階にある路面店(旗艦店)が有名ですが、その他、デパートやら空港やら、金余り外国人が集うエリアに行けば見つかります。もちろん、全てのお店でTAXのリファンドが可能なので、もし購入される方がいらっしゃったら、申し込むのを忘れないようにしましょう。それとともに、購入されるなら、このページに書いてあったことはキレイさっぱり忘れて頂けると幸いです。ごめんなさい。

LLADRO(リャドロ)
公式サイト



これまた、スペインを代表する陶器人形のブランドです。
こちらは、世界に冠たるブランドだけあって、流行に左右されない洗練されたデザインと可愛らしさで、時代を超えた高評価と多くのファンを獲得しています。こういう手の込んだ工芸品を作らせると、さすがスペイン人はなかなかの能力を発揮します。この能力が、必ず世界の流れと適合していないのが残念なところですが。

さて、「リャドロ」というと、一般的には「セレブな陶器人形」として認識されていますが、スペインで買うと、一般の人でも頑張れば手の届く価格で買うことができるので、家庭に高級感を持たせたい外国人には、スペインのリャドロのお店は常に人気です。
また、輸送費がかかるのか何だか分からないですが、日本でリャドロを買おうとすると、目玉が軽く10メートルほど飛び出して転げまわるほど値段が高いので、日本人観光客にはスペインのリャドロのお店は特に人気が高いようです。
バックパッカー旅行者には、こちら側も向こう側も用の無いお店ですが、居間にちょっとした高級感と華やかさを持たせたい中堅層以上の方は、一度覗いてみられてはいかがでしょうか。

ちなみに、バルセロナのお店はグラシア通り沿いにあるのですが、ここには日本人女性のスタッフが1人常駐しているので、相談・購入の際は気軽に相談してみられるとよいでしょう。さらに余談ですが、この女性は私もよく知っている方なので、「シトラスの紹介で来ました」「シトラスの文章って微妙にスベってますよね」的なことを会話の切り口にして頂くと、より交渉がスムーズになるかもしれません。

この日本人女性スタッフの方(アキコさん)から、直接リャドロを紹介する文章・写真を頂きました。興味のある方は一度ご覧下さい。

リャドロブティック・バルセロナの紹介

Carrera y Carrera(カレーラ・イ・カレーラ)
公式サイト



正真正銘、「スペイン王家御用達」のジュエリーブランドです。
日本には、「宮内庁御用達」を勝手に名乗るボッタクリ業者があまた存在しており、そのステータスに引かれて商品を買ってしまうボッタクラレ購入者があまた存在していますが、この「カレーラ・イ・カレーラ」は、本当にスペイン王家・各国王室御用達の高級ブランドです。日本で言われている「セレブ」など問題ではない、リアルにセレブなブランドです。

といっても、リングで安いものなら10万円以下で買えるので、「超」高級ブランドという訳ではありません。日本では、そう頻繁に目にすることもないブランドなので、ジュエリー好きな方なら、一度お店に入ってみられてはいかがでしょうか。もちろん、TAXリファンドもありますし、日本のショップで買うよりよほど安く買うことができます。

あと、グラシア通りにある路面店は、外観や内装が非常に洗練された作りになっており、外から眺めるだけでも相当楽しめるかと思います。




↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓



トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.