グエル邸

 

概要

ガウディの初期時代の建築を総まとめにしたような建物です。

富豪だったグエル一族の住居ということもあり、灰色の大理石が多用された、かなり重厚感溢れる建物となっています。
よって、いわゆる「ガウディっぽい」というか、モデルニスモっぽさはそれほど感じないのですが、オブジェや細かい装飾など随所随所にガウディのデザインを見て取ることができます。

改修工事

以前は屋上から地下まで入ることができたのですが、2004年10月より大規模な改修工事が始まり、一切入場できなくなりました。
当初、「2〜3年で終わるとの見込み」というアナウンスだったので、まぁサバを見て2008年位には終わるかな。。。なんて思っていたら、何と2010年でも終わっていません。
工事の進捗管理もされているはずなのに、年単位で遅れる理由が我々には全く理解できないところです。

ただ、さすがにヤバいと思ったのか、現在「2011年4月より再開」というスケジュールがアナウンスされています。それでも6年半かかってますが。。。期待しましょう。

なお、2008年より、地上階と地下の一部が無料で開放されています。そんなものでお茶を濁してもらっては困るのですが、まぁタダなので見に行ってみて良いでしょう。



場所
メトロのLiceu駅から徒歩5分程度です。
ランブラス通りのすぐ近くなので、ランブラス観光のついでに寄ってもよいでしょう。


大きな地図で見る


↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓


トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.