グエル別邸&ミリャーレスの門


概要

バルセロナ市内北部にある、ガウディ設計の門×2セットです。
近くにあるためまとめてしまいました。

まず1つ目は、グエル別邸(Finca Guell)。
元々グエルの別荘だった建物で、グエルとガウディのコラボ第1作となる、記念すべき作品です。
ここの見どころが、入口の「竜の門」と呼ばれる門です。
グエル邸の入口など、所々で見られるガウディの鉄製のオブジェなのですが、これがまた本当にスゴイ迫力で、見る者を圧倒します。
敷地の中には入れませんが、この門だけでも十分行く価値はあります。

2つ目は、ミラーリェス邸の門(Millares Door)
既に屋敷は存在せず、門だけがオブジェとして残っていますが、非常に可愛い、ガウディならではのデザインになっています。
また、門の下にはガウディの彫像が立っているため、一緒に記念写真も撮れます。

どちらもメジャーな観光スポットではありませんが、建築物に興味がある方は、一度訪れてみましょう。

場所

グエル別邸はメトロMaria Cristina駅から徒歩3分、ミラーリェス邸の門はメトロPalau Reial駅から徒歩5分程度です。
この2つの間は徒歩5分程度なので、歩いて周遊するのがオススメです。

グエル別邸

大きな地図で見る


ミラーリェス邸の門


大きな地図で見る




↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓

トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.