ガラフ酒蔵&ガラフ・レストラン


概要

ガウディと、彼の右腕であったベレンゲルとの共同作品「ガラフ酒蔵」です。
元々ワインを貯蔵する酒蔵として、ガウディによって設計された建物で、今はレストランになっています。

建物は、作られた当初の趣きをそのまま残しており、本当に素敵です。
ガウディファンの方は必見でしょう。

ただ一方で、それほど大きい建物でもなく、カサ・バトリョのようなインパクトもないことから、普通の観光客の方が、このためだけにこの村まで来るのは割に合わないと感じるかもしれません。
なので、時間が無い方はスルーして問題ないと思います。

とはいえ、シトラス的にはかなりお勧めのスポットです。

建物自体も素敵ですし、目の前には地中海、背後には山というロケーションが本当に素晴らしいです。また、レストランの内装も素敵で、食事もかなり美味しいです。
レストランでランチを楽しみ、満腹&ホロ良いでガウディの建物に登り、地中海を見ながらノンビリとするのは最高に気持ち良い体験です。
訪問した人の満足度が非常に高いことは、下の投稿を読んで頂いても分かると思います。

ということで、少し時間に余裕がある方、たまには郊外でノンビリしたい方に、かなりお勧めのスポットです。

ぜひ、極上の昼下がりを楽しんできてください。

ガラフ・レストラン

併設のレストランは、3つのホールから構成されています。

1.サロン・ガラフ
2.サロン・グラナダ
3.サロン・ガウディ


このうち、ガウディの設計した「ガラフ酒蔵」に入っているホールは「サロン・ガウディ」のみで、他の2つは後から別途増設された建物の中にあります。
なので、我々ベタな観光客としては、ぜひとも「サロン・ガウディ」で食事を楽しみたいところなのですが。。。ここは、やはりスペイン人にも人気のスポットなので、バンケットルームとして貸切利用されている日が非常に多く、なかなか中に入れません。

また、規模の大きいパーティ、結婚式の場合、全てのホールが貸切利用されていることも多いので、できれば事前にレストランに確認しておかれた方がよいと思います。

ただ、ホールに関係なく、食事は伝統的なカタルーニャ料理で、普通に美味しいです。
ここで「ちょっとずついろんなメニューを味わってみたい」という方には、「PICA PICA」(ピカ・ピカ)という品がお勧めです。これは「5〜6品の料理を、定量の半分ずつくらいサーブされる」というメニューで、量とバラエティを考えると非常にお得です。女性なら、これだけで十分にお腹一杯になるでしょう。
「PICA PICA」は、10〜12ユーロ程度です。ただ、2人以上からしか頼めないので、一人旅の方は注意しましょう。


アクセス

都心のパセイジ・ダ・グラシア(Passeig de Gracia)駅か、サンツ駅からセルカニアスのC4線(シッチェス方面行き)に乗って、「ガラフ」という駅で降りて下さい。
サンツからガラフまでの所要時間は、約35分です。

ただ、この駅に停まらない列車もたくさんあるので、自分の乗る電車がガラフに停まるかどうか、入念に確認するようにしてください。

ガラフの駅を降りると、海側の出口と山側の出口があります。
どちらからでも行けるのですが、海側からの方がわかりやすいですし、景色もいいので、一応海側から出てみて下さい。
すると、このような風景が広がっています。



この階段を下りると、目の前に道路が走っています。その道路を、へ向かってください。
そして、その道沿いにテクテク歩き続け、国鉄の高架の下(トンネル)を抜けると、このような建物が右側に見えてきます。



これが、ガラフ酒蔵&レストランの入り口です。

駅からは、徒歩10分程度です。

ちなみに、シッチェスのすぐそばなので、シッチェスと組み合わせて訪問することも可能です。

場所


大きな地図で見る

公式サイト

Garraf Restaurant
http://www.gaudigarraf.com/




↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓

トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.