サン・パウ病院




(c) eskaitoさん

■注意■
2009年末より大規模な修復工事に入っており、大部分の建物がネットで覆われています。現在は、病院の入口部分(一番上の写真)しか見ることができないので、ご注意ください!

概要

「カタルーニャ音楽堂」と並ぶ、ドメネクの代表作です。

他のモデルニスモの建物と同じく、日本語のガイドブックでは非常に適当な扱いをされてますが、バルセロナを代表する建築物の一つです。
もちろん、「世界遺産」にも指定されています。

中の様子

画面上の写真は「正面入り口」なのですが、いきなり飛び抜けた外観をしているので、初めて見た人は度肝を抜かれます。というか、これが「病院」とはすぐには信じられないと思います。そして、恐る恐る中に入ってみると・・・信じられないくらいファンタスティックな病棟が次から次へと現れてきます。

では、軽くダイジェストをご覧下さい。

 

 
(c) eskaitoさん

ホント、あり得ないくらい可愛いんです。

歩いているだけで、まるで「不思議の国」に迷い込んでしまったみたいな気分になります。こんな素晴らしい病院に入院する患者さんは、一体どんな気持ちなんでしょうか。

こんな素晴らしいところがあまり知られていないのは、本当に勿体無いです。

サグラダ・ファミリアのついでに

実はこの病院、あのサグラダ・ファミリアからわずか徒歩10分くらいなんです。道も、サグラダ・ファミリアから、ケンタッキー横から伸びる「Gaudi通り」を直線に歩くだけなので非常にに簡単です。
サグラダ・ファミリア詣でのついでに、ぜひ寄ってみて下さい。

サン・パウ病院〜サグラダ・ファミリア間の地図

ルートとしては、最初にサン・パウ病院に行ってから、サグラダ・ファミリアに向かって歩いていくのがお勧めです。このルートを歩くと、病院を出た後、徐々にあの巨大な尖塔が目の前に迫ってきて、感動は倍増します。

サン・パウ病院の入り口からサグラダ・ファミリアを望む

(c) eskaitoさん

ぜひ一度お試し下さい。

このページの文章を信じて頂いて、実際にここに寄ってみられた方の中には、「サグラダ・ファミリアより、このサン・パウ病院の方が気に入った」という人が、かなりいらっしゃいます。(下の投稿をご覧下さい。)
もちろん、シトラスも断然そう思う1人です。

料金

どこまで行っても無料です。ただ、実際に使われている病院なので、くれぐれもジャマにならないようにお気をつけ下さい。

館内ツアー

kujakuさんから館内のガイドツアーについて投稿頂きました!
ありがとうございます!!!

英語ツアーは10時、12時の2回のみで、11時はカタルーニャ語、1時はスペイン語のツアーです。
エントランスの売店(?)のようなところで申し込みをするのですが、事前予約がいるような雰囲気ではなく、待合所があるわけでもなく、本当にここであってるの?という感じです。

私が行ったときはカタルーニャ語の回で、英語は1時間後に来てくれと言われたのですが、時間に余裕のない旅行者の身ですから、無理を言ってカタルーニャ語のツアーに参加させてもらいました。
我々の他に1組いるだけという少人数のツアー。
英語の回はもうちょっと多いのでしょうか?
中は工事中だからでしょうが、ヘルメットをかぶらされました。
病棟内はがらんどう・・・
それでも、金網がはってあって入れないエリアまで入れるので、参加してよかったかな・・・と思います。

旅行記に写真を少々UPしてます。
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/8490/


写真集

りんごさんから、サン・パウ病院の写真をたくさん頂きましたので、別ページにまとめておきます。
んー、綺麗ですねぇ・・・。

りんごさんのサン・パウ病院の写真集へ




↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓


トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.