モンセラット教会(モンフェリ教会)

 
(c) marisaさん

概要

タラゴナ郊外のモンフェリ(Montferri)村にある、ジュジョールが設計した教会です。バルセロナ郊外にあるカタルーニャの聖地「モンセラット」をイメージして、デザインされました。

一見して、サグラダ・ファミリアやバルセロナのカテドラルの雰囲気を感じさせるデザインになっており、ジュジョールが、カタルーニャ・ゴシックの伝統を意識しているのがよく分かります。
ただ、伝統を踏襲しつつも、独創的な外壁や、丸みを帯びたたくさんの塔、そして内部のハート型のステンドグラスなどは、いずれもジュジョールの本領発揮、といったところでしょう。カタルーニャで花開いたモデルニスモ建築に対する、彼なりの回答がここによく現れているように思えます。

ただ、ガウディの「コロニア・グエル教会堂」を見た時にも思ったのですが、ステンドグラスをこんなキュートなものにしちゃって



キリスト教的には大丈夫なんでしょうか?

キリスト教信者ではないシトラスが見ても、若干不安になってきます。
完成までに約100年

この教会は、ジュジョールの代表作となるはずの壮大なプロジェクトでしたが、師匠ガウディと同じく、未完のままジュジョールは世を去ってしまいました。

その後、数十年放置されていたのですが、1980年代から、有志によって作業が再開され、1999年になってよゆやく完成しました。まさにサグラダ・ファミリアと同じような道のりを歩んでいるのですが、ジュジョールの知名度の低さからか、はたまた市街地からあまりにも遠いからか、全く有名になることも無く、ひっそりと地方の一教会として使用されています。

こんなに素晴らしい建物なのに、非常に残念な話です。

場所

車しかアクセス手段はありません。


大きな地図で見る




↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓


トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.