バルセロナ現代美術館(MACBA)

 

概要

「現代建築」の項でも取り上げていますが、リチャード・マイヤー設計の新しい美術館です。このデザイン自体は目を見張るものがありますが、再開発地域の中に建てられたため、周りの地味な風景から力いっぱい浮いているのがちょっぴり残念なところです。

中は、非常にゆったりとした間取りで、とても開放感があります。白色で統一されていることから、見た目にも清涼感があり、夏などは外に出たくなくなります。

ただ、常設展示されている作品は、ぶっちゃけ相当インパクトに欠ける上、広い間取りの中に点在する形で置かれているので、ちょっと閑散とした印象は拭えません。とはいえ、世界中にあまたある「現代美術館」と名の付く施設で、閑散とした印象を拭えないところはあまりありませんから、これはMACBAだけの問題ではないのかもしれません。

建物自体は、かなり一貫したコンセプトで作られた美しいものなので、現代建築に興味がある人には強くお勧めできます。一方、普通の旅行者の方にとっては、それほど面白さを感じない美術館のような気がします。

公式サイト

Museo de Arte Contemporaneo de Barcelona
http://www.macba.cat/



場所

メトロ1号線Universitat駅から徒歩10分弱です。
ランブラス通りからも歩けますが、道が多少分かりにくいのでお勧めしません。


大きな地図で見る


↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓

トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.