タクシー



概要

最も旅行者に積極的に利用してもらいたい交通機関です。

日本では、「タクシー=割高な乗り物」というイメージが定着しており、仕事でしか使わない方も多いでしょう。学生の方に至っては、「自分のお金では一度も乗ったことがない」という方も多いことだと思います。

しかし、そんな「タクシー」という存在に引け目を感じている人でも、バルセロナではどんどんタクシーを使って頂きたいです。

何せ、初乗りが1.10ユーロ(約150円)ですから。

日本の地下鉄より安いです。

バルセロナ市内なら、よほど遠くに行かない限りは、数ユーロ(数百円)で済みます。1000円分もタクシーに乗るのはかなり大変です。
これなら、1人で乗っても全然安いですし、2人で乗ればその半額になります。3〜4人で利用した日には、メトロとさして変わらなくなってしまいます。

ということで、日本で「ケッ、タクシーなんて!」とひがんでいる方でも、バルセロナでは、ごく当然かのようにタクシーを利用してみましょう。

ちなみに、バルセロナのタクシーは、自分でドアを開閉せねばならないのですが、本当に日本でもタクシーに乗りなれている人は、これを頻繁に忘れてしまいます。バルセロナで他の日本人と行動していると、このドアの開閉をするか否かで、日本でのその人の生活レベルが見えてきてかなり楽しいです。

乗り方

日本と同じく、普通に手を挙げて乗ります。
日本のように「タクシー乗り場」のようなところは、空港や国鉄駅などにしかありませんが、大通りには流しのタクシーがいくらでもいるので大丈夫です。

料金

上にも書きましたが、初乗りが1.10ユーロです。
。3〜4人のグループで乗るなら、地下鉄とそれほど変わらないことも多く、かなりお得です。日本ではほとんどタクシーに乗らない大学生のみなさんも、ぜひガンガン利用してみましょう。
なお、空港から乗ったり空港で降りたりした場合は、「空港内乗り入れ料金」として余分に2ユーロ、トランクに荷物を入れたら、1個につき1ユーロ取られます。

バルセロナのタクシーは質が高いことで有名ですので、ボラれることはほとんどありません。しかし、空港やサンツ駅、観光地の近くなどで待ち構えているタクシーの中には、ごく稀に白タク(無認可タクシー)や強欲なタクシーがいますので、気をつけましょう。

その他の注意点

★空港から市内までは、大体20ユーロ〜30ユーロくらいです。空港からのタクシーでも、ほとんどボラれることはありません。安心して乗って下さい。ただ、乗ってから「こいつ、怪しい!」と思ったら、必ずメーターが回っているのを確認し、降りる際に領収書(レシーボ)をもらうようにしましょう。

★クリスマス期間中や、イースター期間中などは、極端に流しのタクシーの数が減ります。気をつけて下さい。

★深夜・早朝に空港や駅に向かう必要がある場合には、前もって宿の人にタクシーを呼んでおいてもらいましょうい。簡単に来てくれ、余分な料金も不要です。
ただ、1人で乗ると金銭的負担が大きいので(空港に行く場合なら特に)、宿の中で、同じ時間帯に空港・駅に向かう人を探して同乗するのも一つの手だと思います。
日本と違って、少し余分に料金を払えばよいだけなので、少しでも危険だと思ったら、遠慮なく宿の前まで呼んでもらっておきましょう。

★日本と同じく、「深夜料金」というものが存在します。その時には、メーターの回転自体が早くなるので、早とちりして「ボラれてる!!!」と勘違いしないようにしましょう。
今がどの料金帯になっているかは、車の上についている緑色のランプで確認することができます。ランプの中の数字が「2」なら通常料金、「1」なら深夜料金です。




↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓



トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて

(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.