スペイン国内〜バルセロナ:vueling(格安航空会社)

さて、vuelingです。

これまで、3社の独占体制だったスペインの航空業界に、格安運賃を武器に殴り込みをかけた、業界の風雲児的存在です。
3社と違い、どの路線でも常に格安運賃を提示しており、国内路線はもちろん、バルセロナ〜パリ等の国際線でも同等の超格安運賃で勝負しています。
予約も簡単で機内も綺麗、遅れもあまり無く、機体のロゴなども非常にラブリーです。

このサイトでは、2003年の創業時から大プッシュをしているのですが、いよいよ本格的に人気が高まり、反響も多くなってきたので、別ページとすることにしました。

 Vueling(VLG) http://www.vueling.com/
ネットでの予約方法解説ページ(ルグリさん作)

この会社の特徴は、とにかく「安くて、予約が簡単!」というところに尽きると思います。

まず、料金設定は、基本的に以下のようになっています。

「国内線⇒片道20ユーロ(約3000円)〜」
「国際線⇒片道30ユーロ(約4000円)〜」


非常に衝撃的な値段ですね。
もはや飛行機の値段とは思えません。
マドリー〜バルセロナ、サンティアゴ・デ・コンポステラ〜バルセロナ、セビリャ〜バルセロナが全て3000円から、パリ〜バルセロナ、リスボン〜バルセロナ、アムステルダム〜バルセロナが全て4000円からです。
もちろん、鉄道は勿論、バスでもこの倍以上の値段はすることは言うまでもありません。ちなみに、マドリー〜バルセロナ間の高速バスは、片道25ユーロ(約3500円)で、所要時間は6時間半です。

もちろん、これは特別なセール価格ではなく、基本的に全ての路線がこの価格になっています。さらに、時折「スペシャルセール」が行われ、その時には何と片道10ユーロになります。

また、予約方法も非常に簡素化されており、予約(購入)時には自分の座席まで選ぶことが出来ます。予約方法は、右上「ネットでの予約方法解説ページ」に記されていますので、ご参照下さい。

なお、日本の常識からするとあまりに安すぎるんですが、安全性などに問題がある訳ではありません。機内サービスの簡素化、座席の増設などの様々な工夫で、チケットを安くしているのです。
下の投稿欄をご覧になると分かりますが、実際に乗れば、不安を覚えるどころか、誰もがこの航空会社のファンになってしまいます。ロゴやデザインも一貫して可愛いらしいのもポイントです。

スペイン旅行をするなら、ぜひ一度は使ってみて下さい!

※vuelingについては、別サイト「Flying Cheap!」でも詳しく紹介しています。もっと詳細なことを知りたい方は、ご参照下さい。

Flying Cheap! 〜ヨーロッパの格安航空ガイド〜
http://europe.s9.xrea.com/


注意点

1.事業の急拡大について

このエアに関して唯一不安な点は、「創業以来、路線拡大の勢いが早すぎること」です。これでうまくいかなければ、倒産しちゃうんじゃないの?という不安さえ抱かせる勢いです。こういうヨーロッパ格安航空会社は、時として無理な事業拡大が祟って潰れてますので、旅行に万全を期したい方は、別ページで紹介している大手3社を利用された方がいいかもしれません。

とはいえ、そんなに早く倒産することもないでしょうから、とりあえずイチオシしておきます。この安さと路線網は、魅力ありすぎです。

2.マドリーのターミナルについて

マドリーのバラハス空港では、最近、出来たばかりの「T4」(テルミナル・クアトロ)を使い始めました。このT4、大物建築家リチャード・ロジャースが手がけたことで世界的に注目されている建築なのですが、とにかく既存のターミナル(T1〜T3)とは鬼のように離れているのが難点です。まず、徒歩では歩けません。

この空港へのアクセスは、主に3つです。

(1)アベニーダ・デ・アメリカのバスターミナルから直行バス
(2)メトロ8号線Barajas駅(終点)から市バス
(3)空港T1〜T3からの無料シャトルバス

(3)で書いたとおり、メトロを使う際は"Barajas Aeropuerto"駅ではなく、終点の"Barajas"駅下車になりますのでお気をつけ下さい。






トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて
(c) シトラス, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.