観光に使えるお得なチケット類

バルセロナ・カード


(c)marisaさん

バルセロナ観光における最強のカードです。

このカードを持ってバルセロナを観光すると、交通、観光施設、博物館、あらゆるところが片っ端から無料か割引になります。バルセロナを本気で観光すればするほど、どんどんとお得度が上がっていく素晴らしいカードになっています。
よって、本気でバルセロナを観光するのであれば、ぜひこのカードを購入されることをお勧めします。

特典

まず、交通機関では、市交通局(TMB)が運営する地下鉄・バス・FGC(カタルーニャ公営鉄道)が全て乗り放題になり、他にモンジュイックのロープウェイが30%オフ、エアポートバスが15%オフになります。

次に、観光施設では、ピカソ美術館や市歴史博物館等が50%オフ、サグラダ・ファミリア、ミロ博物館、MACBA、アントニ・タピエス美術館、FCバルセロナ博物館等が30%オフになります。

他、フラメンコのタブラオ、ネットカフェ、レストラン、バル、カジノ、ブランドショップ、水族館などなど、数え切れないほどたくさんのものが割引価格になります。
バルセロナ・カードを使って割引になるものの一覧は、こちらをご覧下さい。

という訳で、「短期間に思いっきりバルセロナ観光する」という方にお勧めです。

価格

値段は、2006年度で、2日券が23ユーロ、4日券が28ユーロ、5日券が31ユーロとなっています。5日券なら、1日あたり6ユーロ程度で済むので、ちゃんと観光すれば十分モトは取れます。
ただ、どうしても節約したいなら、T−10を必要なだけ買う方が安く上がるかもしれません。

販売場所

空港・サンツ駅・カタルーニャ広場の観光案内所で購入できます。バルセロナ市の観光局も、このカードを売る気満々なので、かなり簡単に買えます。

ルータ・デル・モデルニスモ
公式サイト

ドメネク等のモデルニスモ建築をくまなく見て周りたい人のために、「ルータ・デル・モデルニスモ」(Ruta del Modernisme)という割引チケットが用意されています。

特典

このチケット(5.0ユーロ)を買うと、

「カタルーニャ音楽堂」(ドメネク・イ・モンタネル)
「アントニ・タピエス博物館」(ドメネク・イ・モンタネル)
「動物博物館」(ドメネク・イ・モンタネル)
「近代美術館」(不明) ←有名な「現代美術館」ではありません!


以上4箇所の建物に入る時、入場料が無料か半額になります。
カタルーニャ音楽堂だけでも入場料は8ユーロするので、これらのモデルニスモ建築を見て周るなら十分モトは取れます。

それに加え、ここでしか手に入らない「バルセロナのモデルニスモ建築マップ+パンフレット」がオマケで付いてきます。
このマップとパンフレット(というか1冊の本)は、バルセロナのモデルニスモを周る上では非常に役立ちますし、読み物としてもかなり楽しめます。建築に関わる人、興味がある人は、この冊子のためだけでも、「ルータ・デル・モデルニスモ」を買う価値はあるかと思います。

販売場所

カタルーニャ広場地下の観光案内所で購入できます。


ARTICKET
 (公式サイト

これは、現代建築や現代美術を周る人には必須のチケットです。

特典

このチケット(20ユーロ)を買うと、

「ピカソ美術館」
「カタルーニャ国立美術館」
「バルセロナ現代美術館」(MACBA)
「ミロ美術館」
「アントニ・タピエス美術館」
「バルセロナ・現代文化センター」(CCCB)
「カイシャ・カタルーニャ美術館」


などの施設が入場無料になります。

これらの施設の正規入場料を全て足すと30ユーロは軽く越えるので、かなりお得です。若干高めではありますが、このチケットには、使える施設数を増やすために組み入れられただけのハズレなところは一切ないので、現代建築・現代美術を見て周るなら、買っておかれた方がよいでしょう。

このチケットは、カタルーニャ広場地下やサンツ駅にある、バルセロナの観光案内所で購入できる他、「カイシャ・カタルーニャ」(Caixa Catalunya)という銀行の窓口でも購入できます。

これが目印


余談〜学割について

他のヨーロッパの町と同じく、バルセロナでも、学生証は効果抜群です。まるで黄門様の印籠のように行く先々でいろんなところが割引されていきますので、学生の皆さんは、ぜひ持って行くようにしましょう。

基本的に、「国際学生証」を作っていく必要がありますが、日本の学生証にアルファベット表記があるなら、それで大丈夫なことも多いです。観光施設に入る際には、ダメモトで学生証を提示してみるようにしましょう。
学生証を提示して怒られることはまずありませんので。



トップページに戻る


↓体験談をお持ちの方、ぜひ書き込みお願いします↓

(c) Citrus the Cityhopper, 2002-.
All rights reserved by law, maybe.


トップページに戻る 情報投稿お待ちしてます このサイトについて